オンラインの活用

作業中の男性

専門店にいかないと販売されていないというものにはいくつか存在しますが、最近ではオンラインショップの拡充化によって気軽に購入することが出来るようになっています。例えば顕微鏡などがあります。

環境問保護の機器

カトラリーセット

オイルスキマーとは環境問題にも直結する使用済み油の回収が可能な機器です。そのため工業系ではオイルスキマーを利用することが多々あり、上手く活用することが企業としても大切になってきます。

普及と活用

作業中の男性

タッチモニターはスマートフォンが普及したことで一般的になりつつあります。直感的に操作することが出来るため、老若男女で使用できる特徴を持っています。近年では社会設備としても活用されています。

電気信号の可視化

高圧洗浄機

スペクトラムアナライザとは電気特性を可視化するために用いられる機器で、電気信号などを知ることが出来ます。基本的な仕組みはアナログ信号をデジタル化する回路がメインで、思っている以上にシンプルです。

素材の強度測定

ドリルのヘッド

プリント基板の製造はコチラにおまかせしましょう。精密に作ってくれますよ。国内一貫生産なので、クオリティも高いです。


製品を開発する場合にまず行う事は、論理的な情報を組み立てる事です。それを構築するだけでは机上の空論ですが、実際に製品を完成させるためには必要な工程と言えます。製品の完成系が見えない状態でものを作り始めると、開発中に仕様変更が起こりかねません。そして用いる部品の準備もできないので、情報整理は重要な作業と言えます。 部品に用いる素材についてですが耐久性が重要視されます。耐久力の低い素材で部品を作ろうとすると、完成した製品がすぐに壊れるトラブルが頻発します。それを避けるために用いる素材強度を検めるべきなのです。意外な事に素材の強度の重要性は、100年以上前から認識されていました。そして強度試験も実際に行われていたのです。

昔の材料試験は手を用いたり力を加える素材の形が規格化されていませんでした。それではテストを実施しても素材強度を確かめる事に成功しているとは言えません。どの素材に対して力の加え方やそれに対する反応を見るためには、正しい理論や正確無比な機械が不可欠です。 それを達成するために登場したのが試験片と呼ばれるものになります。試験片とは材料試験のために開発された規格です。重量や形状の規定を守った素材を加工します。それを専用の機械にセットする事で、材料の耐久性が明らかになるのです。機械は加えた力を表示する事もできるため、試験片が破壊されたタイミングの力を知る事ができます。試験片と精密機械のコンビネーションが、今後も多くの人に利用される事は間違いありません。


精度の高いディスペンサーが手のひらに乗るコンパクトサイズで購入できます。省スペースでも高性能なディスペンサーはネット購入がオススメ。

多数の現場で用いられているスペクトラムアナライザが人気を高めています。正確な計測結果をすぐに把握できるのでとても便利ですね!

メニュー

ピックアップ

オススメリンク

  • 株式会社パパス

    悪臭が気になる人はいませんか。オイルスキマーを利用することで下水道に流れる油を分解することができ、悪臭を防げます。